IPOコンサルティングの目的と選び方

IPOのコンサルティングを依頼する際のポイント

企業が新規に株式を公開しようとする際、様々な専門知識や準備が必要になります。多くの場合、銀行や証券会社、税理士などIPOのコンサルティングを行っている専門家に相談し、準備を進めていきます。この記事では、IPOのコンサルティングの重要性や選ぶ際のポイントについて説明します。

IPOのコンサルティングの目的と重要性

企業が株式公開の準備を進めるには、IPOのコンサルティングの活用が不可欠です。多くの場合、銀行や証券会社など外部支援機関に依頼し、上場に向けたプランを立てたり、アドバイスを受けながら準備を進めていきます。しかし、その種類や支援の内容、報酬は様々で、同じ業種の支援機関であっても内容が異なります。また、支援機関は中小企業から大企業まで多く存在し、どの機関に依頼するべきか判断が難しいものです。中小企業の場合は一般的にコストが安く、相談しやすいのが特徴ですが、大企業に比べて経験や専門知識が少ない場合があります。一方、大企業だから良いというわけでなく、コンサルティングの質は高いものの、親密に対応してもらえないこともあります。そのため、支援機関は慎重に選ぶ必要があります。

IPOのコンサルティングの種類

IPOのコンサルティングを行っている支援機関は、主に証券会社系のコンサルティング会社と会計士系のコンサルティング会社があります。それぞれ、支援内容や専門知識が異なりますので、特徴や内容を理解した上で依頼する必要があります。証券会社系コンサルティングは、主に銀行や証券会社が行い、上場する際の審査に係る手続きや書類の作成、取引所の審査対応などを得意としています。一方、会計士系のコンサルティング会社は、監査法人や会計事務所が行うもので、会計に関する専門知識を活用することで株式上場に必要な手続きや書類の作成を手助けしています。どちらの会社も、コンサルティング内容によって、実際に作業を手伝いながら進めていく場合と、専門知識やノウハウを提供するだけの場合がありますので、状況に応じて選ぶことができます。

外部支援機関の選び方

相談したい内容が決まったら、実際に支援機関を選定し、株式上場に向けた準備を進めていきます。数多くあるコンサルティング会社から失敗のない会社を選ぶには、どのくらいの経験や実績があるのかが一つの指標になります。上場企業の支援を経験したことがある会社でしたら、準備を進めるための流れをアドバイスしてもらえます。また、豊富な専門知識やノウハウを持った専門家が多く在籍しているかということも、選ぶ際のポイントになります。IPOの準備には多くの業務が発生し、様々な専門知識を必要とします。そのため、それぞれの専門家が連携して、コンサルティング業務を行えることが大切です。内容やコストを考慮した上で、コンサルティング会社選びの参考にしてください。