新規公開するならIPOのコンサルティングで

企業に更なる成長を!IPO目指すならコンサルティングが必須

IPOは手続きだけでなく公開するための条件も煩雑です。不備があっては機会損失を招く恐れもあり公開への確実性も大切です。しかし、IPOにばかり目が向いて本業を疎かにすることもできませんよね?そんな時はIPOのプロであるコンサルティングを得意とする会社に任せた方がいいかもしれません。

そもそもIPOとは?

そもそもIPOとは何でしょうか?IPOとはInitial Public Offeringの略で、直訳すると株式公開の申し出という意味になります。日本語では株式公開という意味でよく使われています。株式公開のメリットは株が証券取引上で売買されるということもあり、資金調達の幅が広がります。資金だけにクローズアップすれば社債や融資だけに頼らなくても良いので、リスクヘッジに繋がります。
また、株式を公開することで企業の透明性も高くなり社会の信用性が増し、知名度も上がります。これによって働く社員のモチベーションアップがあがり、さらに企業が活性化していきます。また、創業者にとってはIPOの際に保有株を売ることで利益を享受することもできます。
こういったメリットを受けるために株式上場に協力してくれる人たちがIPOのコンサルティングです。

IPOをやりたい、どうすればいい?

メリットが多いIPOですが、実際やるとなると経営者一人の力ではとても大変です。公開する取引所によって条件は違っていきますが、業績は勿論のこと。労務・法務・会計・企業統治などなど、諸条件をクリアして初めて公開に至ることができます。これらの諸条件をクリアした後でようやく上場に必要な申請・書類の作成が始まるわけです。
企業統治を経営者が独力で行うとなると法的な専門知識を覚えたり、会社内の情報を集たりと本業が疎かになりかねないほどの莫大な雑務をこなす必要があります。その上で不備等でIPOに至らないという確実性を欠く事態にもなりかねません。
IPOを行うのであれば、ノウハウを蓄積したIPOのコンサルティングに任せてしまう方が失敗したときのことを考えるとかえって安くつき、得策だと言えます。

IPOのコンサルティングを選ぶ

IPOのコンサルティング会社を選ぶ際のポイントはやはり実績です。コンサルティングをする際に特別な資格はないので、実績がないにも関わらずIPOコンサルタントを名乗る会社は非常に多いです。実績のあるIPOコンサルタントは大手証券会社、都市銀行、監査法人出身の方が多くスキルや知識は当然のことながら、弁護士・会計士・銀行など専門知識を必要とするプロフェッショナルとも強いコネクションを持っています。そのため、ワンストップでIPOまでこぎつけられるので、経営者がIPOのために特段時間を割く必要もなく、本業に集中することができるのです。IPO業者を選ぶときは今までに何件上場させて来たのかという実績を重視して選定することが大切です。